:kkcz:
本日5月15日水曜日、マケドニアバスケットボール協会は元ツルヴェナ・ズヴェズダのセンターであり、今年現役引退を発表したペロ・アンティッチ氏を同国会長に選出したと発表。

元NBAプレイヤーは会長候補の一人として最多の27票を獲得し新会長に選ばれた。

今後、彼には同国代表の再建、衰退している国内リーガの強化、ビジネスなど多くの問題を抱えるバスケットボール界の立て直しという激務が待っている。

:kkcz:
昨夜、ツルヴェナ・ズヴェズダは敵地バルに乗り込みモルナルと対戦した。

ビリー・バロンが負傷するアクシデントもあったが、ズヴェズダはモルナルを圧倒しABAリーガのレギュラーシーズン首位を決めた。

:kkcz:
昨夜おこなわれたユーロカップTOP16 第6節ウニカハ・マラガ戦。

既にTOP8入りを決めたウニカハ相手ではあるが、優勝候補相手にデヤン・ダヴィドヴァツ、ネマニャ・ネナディッチなど若手の奮闘もあり100点ゲームで勝利した。

残念ながらユーロカップ敗退となったが、来季欧州トップのユーロリーグ参戦のためにもABAリーガ優勝に向けて大いに奮起してほしい。

:kkcz:
ユーロカップ第8節ウニカハ・マラガ戦が本日26時からおこなわれる。

この試合はいつも通りユーロリーグTVで見ることができます。

既にTOP16敗退となったズヴェズダdが、最後の試合は確りと勝利し有終の美を飾りたい。

:kkcz:
オグニェン・ドブリッチはツルヴェナ・ズヴェズダで1000ポイント達成。

おめでとうドブリッチ!

:kkcz:
昨夜おこなわれたABAリーガだい18節オリンピヤ戦。

ズヴェズダはフィリプ・チョヴィッチのダブルダブル(10p, 12as)の活躍もありオリンピヤに快勝。

:kkcz: 2月のスケジュール。

ユーロカップもウニカハとの一戦で今季は終わり、中旬には今季初のタイトル獲得のためにクープ・ラディヴォイ・コーラッチャは何がなんでも奪還したいところ。

:kkcz:
ABAリーガ第17節を終えてズヴェズダはプレイオフ進出を決め首位を維持。

:kkcz:
ツルヴェナ・ズヴェズダは今季17戦目にしてABAリーガで初の敗北。

最も効果的な選手は17ポイントのドブリッチ、次に12ポイントでリスティッチ、10ポイントでオジョと続いた。

:kkcz:
ユーロカップ第5節、ツルヴェノ・ベリはリモージュに敗れ、残念ながらユーロカップTOP16(準々決勝)で彼らは欧州コンペの舞台から去ることになった。

最も効果的なプレイをしたのは、15ポイント、6アシストを記録したラグランド。

:kkcz:
明日の早朝5時からはいつものユーロリーグTVでリモージュとの一戦がおこなわれます。

ユーロカップTOP16を突破するためには、何がなんでも勝利が最低条件のズヴェズダ。

ここ2試合守備が大崩壊しているが、どれだけ修正できたのか、注目したい。

:kkcz:
今週水曜日、ツルヴェナ・ズヴェズダはホームにヴァレンシア戦を迎えた。

立ち上がってから優勝候補の一角であるヴァレンシアに先行される苦しい展開が続くもペルペログルの驚異的なシュートタッチのおかげもあり、何とか前半を44:42とリードして折り返す。

しかし、第3クォーターには48:60とこの試合最大の点差をつけられたりとユーロカップで守備がまたしても崩壊。

試合終わりまでセカンドチームの選手たち、特にPGチョヴィッチを中心とした攻撃で最後の最後で逆転するも残り3.4秒で逆転負け。

ズヴェズダはユーロカップで3敗目。残り2試合を連勝で終えても2位ウニカハがヴァレンシアに敗れないとTOP16へ進めないという崖っぷちに追い込まれた。

【主なスタッツ】
ラグランド 10, チョヴィッチ 13, ケシェリj, ペルペログル 26, ダヴィドヴァツ 2, ファイェ 6 (10sk), ベロン 6, ドブリッチ 2, リスティッチ 6, シマニッチ 2, ツィルベス 4, オジョ 4

:kkcz:
明日、深夜3時からはユーロカップTOP16 第4節ヴァレンシア戦がおこなわれます。

ここまで1勝2敗と負け越しているツルヴェナ・ズヴェズダ。TOP16を突破するためにもピオニルでおこなわれる優勝候補の一角ヴァレンシアとのこの一戦には絶対に勝ちたい。

:kkcz: :fmp:
1月19日、ABAリーガ第16節FMPとの兄弟対決がおこなわれた。

ドラガン・アピッチの電撃的なロシア移籍で大きく戦力を落とした若きFMPとの対決は、第1クォーターからツルヴェナ・ズヴェズダの守備がはまり僅か9ポイントに抑え、続く第2クォーターも12ポイントとパンテリを全はを僅か21ポイントに抑える堅守が光った。

精神的支柱であるブランコ・ラジッチ主将が怪我で負傷ながら、代わりにキャプテンを務めるオグニェン・ドブリッチ(24)の14p, 4sk, 1ul, 1blの活躍もあり開幕16連勝でプレイオフ出場一番乗りを達成した。

【主なスタッツ】
ラグランド 12 (4as, 5il), ラダノフ 3, チョヴィッチ (4sk, 5as), ケシェリ 8 (6sk), ネナディッチ 3, ファイェ 5 (5sk), ベロン 7, ドブリッチ 14 (4sk), リスティッチ 2, シマニッチ 9 (4sk, 3ul), ツィルベス 11, オジョ 5 (4sk).

【スコア】
18:9, 22:12, 16:23, 23:18

:kkcz: :fmp:
早朝3時に行われるズヴェズダとFMPの兄弟対決。

ここまでのABAリーガの成績を比較。上から勝利数、FT率、FG2率、FG3率、アシスト数、リバウンド数。

最後に両クラブの注目選手のアシストを比較。ズヴェズダはラグランドFMPからはレベツ。

:fmp:
今季ABAリーガ14試合で3度のMVP、平均21.3p, 7.2sk, PIR 29.5を記録したドラガン・アピッチはロコモティフ・クバンへ移籍した。

アピッチはロコモティフと2年半+2年延長オプションの契約を結んだ。FMPには違約金として27万€が支払われる。

:kkcz:
1月16日、ユーロカップTop16 第3節ヴァレンシア戦が行われた。

第1クォーターは優勝候補の一つヴァレンシア相手に最終的に2ポイントだがリードする良いスタートを切ったが、外から外から打っていくスタイルが第2クォーターに不発。

そして、負けるときによく起きるタイトなディフェンスも崩壊し、毎クォーター20ポイント以上取られる不味い守備で2敗目をきっした。

こういう時、突破口がラグランドのドライブ以外に選択肢がないのは問題なように感じる。

【主なスタッツ】
ラグランド 21, ラダノフ 6, チョヴィッチ 9, ペルペログル 9, ダヴィドヴァツ, ファイェ 9 (5sk), バロン 11, ドブリッチ 2, リスティッチ, シマニッチ, ツィルベス 6 (4sk), オジョ 3 (6sk).

21:23, 21:14, 25:20, 25:19

:fmp: [СПОРТСКИ ЖУРНАЛ]
ツルヴェナ・ズヴェズダからBチームのFMPへローンに出されているCドラガン・アピッチ。

昨日、荷物をまとめクラスノダールへ飛び、ロコモティフ・クバンと契約するようだ。

違約金など細かな所は不明だが、健康診断を通過次第ロシアでのプレイとなる様だ。

:kkcz:
1月16日、マリ・カレメグダンはメンズデオドラントなどパーソナルケア用品で世界的に有名なブランド『オールドスパイス』とビジネス協力を結んだ事を発表した。

USAで80年以上の歴史を持つ企業と協力を結べたのはズヴェズダにとって名誉なことだ。

ちなみにオールドスパイスはNFLやEスポーツとのビジネス協力をしている。

:kkcz:
ユーロカップTOP16 第3節ヴァレンシア戦が明日早朝4時45分にユーロリーグTVで放送されます。

Show more
赤い星

レッドスター・ベオグラードとして知られる総合スポーツクラブ「ツルヴェナ・ズヴェズダ」の情報も提供するサロンです。サッカーの情報は @Fudbal 、バスケの情報は @Košarka といったように、情報種類ごとに、必要な情報だけを選んでリモートフォローすることができます。詳しくは、赤い星公式ホームページ をお読みください。