:fkcz:
昨日、OLS第24節ツルヴェナ・ズヴェズダ vs ラドニチュキ・ニシュの一戦がおこなわれた。

ズヴェズダとしては2連敗でむかえたホームでの一戦、0-0の膠着状態が長く続いたが80分にボグダン・ヨチッチの決勝ゴールで連敗をとめた。

:fkcz:
28年前の本日4月24日はチャンピオンズカップ準決勝セカンドレグバイエルン・ミュンヘン戦。

ドイツの強豪相手に試合も終わりに近づいていた90分にミハ色ヴィッチのクロスからミュンヘンのオウンゴールを誘い劇的な引き分け(2戦合計4-3)でチャンピオンズカップ決勝進出を決めた日。

youtube.com/watch?v=HCf8BW8fHe

:fkcz:
明日おこなわれる第160回ヴェチティ・デルビ。

先ほどおこなわれた会見でヴラダン・ミロイェヴィッチ監督はABAリーガの王座に返り咲いたバスケ部の選手やスタッフを祝福。

パルティザンとの一戦については、ボアチは怪我で準備が出来ていないとのことで彼の出場は見送られる可能性は高い。

youtube.com/watch?v=N8Ysj_7R_L

:fkcz:
OLS第24節ツルヴェナ・ズヴェズダ vs ラドニチュキ・ニシュの一戦をフルマッチ映像で振り返ります。

m.facebook.com/story.php?story

:fkcz:
KLS第24節ツルヴェナ・ズヴェズダ vs レアル・ニシュの一戦がおこなわれた。

若きズヴェズダはオウンゴールを含む大量6得点でニシュに勝利し首位を維持した。

【得点者】
ピプリツァ(15', 20')
ニャムツロヴィッチ (17')
オウンゴール(51')
ルキッチ(69')
パントヴィッチ(78')

:grf:
20日土曜日、SLB第23節ラドニチュキ・オブレノヴァツ vs グラフィチャル(ズヴェズダB)の一戦がおこなわれた。

リーガ中位のオブレノヴァツの本拠地に乗り込んでの一戦はグラフィチャルが押し気味に進んでいったが、26分セットプレイからニアで上手く合わせられ失点。

しかし、前半終了間際の40分にチームの大黒柱ヴェリコ・ニコリッチの強引な突破から、最後にステファン・ツヴェトコヴィッチが押し込み同点で前半を終える。

そして、後半開始早々48分コーナーキックからネマニャ・ストイッチが頭で決め逆転。

その後、追加点はなかったが試合を有利に進め、敵地で貴重な勝ち点3を獲得した。

:fkcz:
スーペルリーガ第32節の試合結果と順位表。

ツルヴェナ・ズヴェズダはチュカリチュキに敗北し無敗記録が57で途切れ、ラドニチュキ vs パルティザンは現状のフムスカに期待した僕が馬鹿だった。

ニシュとズヴェズダの勝ち点差も4に縮まり、リーガ連覇をするためにもこれ以上の敗北は危険という状況。

:fkcz:
KLS第24節ツルヴェナ・ズヴェズダ vs レアル・ニシュをフルマッチ映像で振り返ります。

facebook.com/crvenazvezdafk/vi

:fkcz:
OLS第23節チュカリチュキ戦。

ズヴェズダは勝ち点1ポイント差で2位チュカリチュキの本拠地に乗り込んだが、前半攻め手を欠き0:0で終える。

後半はいくつかチャンスを作るも決められず、逆にチュカリチュキにも決定機をつくられる始末。

仕舞にはショートカウンターから67分に失点、人数をかけ攻め込むも得点できず敗北、2連敗で順位は3位と変わらなかったが首位ブロダラツとの差は拡がり、4位ヴォイヴォディナとの差が今日の勝敗次第でなくなる状況。

:fkcz:
スーペルリーガ第32節チュカリチュキ戦をハイライト映像で振り返ります。

youtu.be/Yp0ZoKL52IY

:fkcz:
先程スーペルリーガ第32節チュカリチュキ戦が終了した。

ズヴェズダは6分(マリン)、19分(ベン)と2点をそうそうに決めリードするも気の緩みから前半で追いつかれる(22分、38分)醜態をさらす。

後半に入っても守備の修正はできず、チュカリチュキの鋭いカウンターにヒヤヒヤされる場面が続き、ついに67分にフリーキックから元ツルヴェノ・ベリのエースストライカーであるオグニェン・ムドリンスキに本日2得点目を決められ逆転を許す。

その後、更に人をかけ攻め込んだが、中央を確りと堅めるブルジャニのゴールは遠く、敵地でリーガ無敗記録も停止となった。

:fkcz:
チュカリチュキ戦の前半終了。

開始6分に右サイドからのクロスをマリンが決め先制点、19分には1トップに起用されたヴカノヴィッチが獲得したPKをベンが確りと決め試合の主導権を握ったかに思えた。

しかし、試合開始直後からみえていた緩みによって、前半終了まで2点を返され不安の残る展開となってしまった。

攻めに関しては決定機をたくさん作っていたので心配はないが、守備をこのハーフタイムの間にどれだけ修正できるのかが勝利の鍵になりそうだ。

:grf:
SLB第23節ラドニチュキ・オブレノヴァツ vs グラフィチャル(ズヴェズダB)の一戦をフルマッチ映像で振り返ります。

facebook.com/crvenazvezdafk/vi

:fkcz: :grf:
サッカー部ライブストリーミング配信のスケジュール。

オムラディンツィ
20日20時チュカリチュキ戦

カデティ
21日20時レアル・ニシュ戦

グラフィチャル
20日23時ラドニチュキ・オブレノヴァツ戦

全てサッカー部公式FacebookかZvezda Kids公式YouTubeチャンネルで放送予定。

:fkcz:
KLS(カデトゥスカ・リーガ・スルビイェ)第23節チュカリチュキ戦。

若きツルヴェノ・ベリは15分にマティッチがPKで先制するも6分後に失点、前半を1-1で終えた。

後半は58分にコーナーキックからルキッチがうまく頭で合わせ得点、79分にニャムツロヴィッチの得点でリードを拡大、その後83分に1点返されるも守りきり2-3と敵地で勝ち点3を獲得した。

:fkcz:
2019年4月18日木曜日、リュティツェ・ボグダナはドゥシャン・ヨヴァンチッチとの契約を延長したと発表。

2021年までの契約をさらに1年、2022年まで延長に合意。

この契約延長によりサヴィッチ、ストイコヴィッチ、パヴコフ、ヨヴィチッチ、ゴベリッチ、ボリヤン、ヨヴェリッチ、ロディッチ、マリンについで10人目の契約延長となった。

:fkcz:
スーペルリーガ プレイオフ第1節ラドニチュキ・ニシュ戦をフルマッチ映像で振り返ります。

youtu.be/16DhV1PYtDw

:fkcz:
アレクサンダル・ペシッチの残りの違約金の支払いを渋っていたアル・イテハド。

FIFAからの圧力が功を奏して、55万€の支払いが完了、今月25日には残りの違約金100万€が支払われる予定。

しかし、ミロシュ・デゲネクを購入したアル・ヒラル、彼らも違約金(200万€)の返済が遅れている。

アル・ヒラルに対してもズヴェズダからFIFAへ働き掛けを行っているようなので、今後何かしらの結果は出るだろう。

Show more
赤い星

レッドスター・ベオグラードとして知られる総合スポーツクラブ「ツルヴェナ・ズヴェズダ」の情報も提供するサロンです。サッカーの情報は @Fudbal 、バスケの情報は @Košarka といったように、情報種類ごとに、必要な情報だけを選んでリモートフォローすることができます。詳しくは、アカウントの一覧 をお読みください。